【超ローコスト住宅】500万円の新築の家とは?

超ローコスト住宅の500万円の新築の家ってどう?

 

CMや広告などで、500万円の家をご覧になったことがある人もいるのではないでしょうか?

 

あまりの安さに信じられないという人もいらっしゃるでしょう!

 

実際に500万円で本当に家が建つのか?ここではカラクリを紐解いていきますね!

 

超ローコスト住宅の500万・700万の家のカラクリ

 

住宅メーカーによっては、本体価格のみ表示してこの金額になっていることもあるのです。

 

  • 家自体の金額のみなので、様々な費用を積み重ねると、結局は数百万円高くなる場合もあると言う事です!

 

ただ単に安いからと興味が湧く金額ではありますが、どこまでの費用が入っているかという事を確認しておく事が重要です。

 

オプションで色々付けるとむしろ高くなることもあるので、超ローコスト住宅でもある程度までコミコミ料金になっている家を探してください。

 

住宅メーカーによっては、色々とコミコミで500万円・700万円の家を広告している会社もありますので!

 

家を建てる時に最低限かかる経費はこんな感じ

  • 土地代
  • 建物本体代
  • 付帯工事費(水や電気を使えるように整える工事)
  • 外構工事費(カーポートや駐車場をコンクリートにする・門など)
  • 建築確認申請費
  • もろもろの手数料など

 

ザックリとこの辺りも費用がかかる事を頭の中に入れておくと良いです。その上で、超ローコスト住宅の価格がどこまで含まれているかを確認しましょう!

 

同じ500万円の家でも住宅メーカーではかなり内容が違う事もあるのでしっかり比較

 

サッシや設備などの内容が全く異なることも多いので、グレードがどれくらいなのか知っておくと質問出来るので良いでしょう。

 

500万円の超ローコスト住宅のメリット・デメリットまとめ

500万円の超ローコスト住宅のメリット・デメリット

 

メリット

  • 住宅ローンの支払が家賃並み
  • 生活に余裕ができる
  • 若くても新築戸建てに住める
  • 家本体価格が安い分設備を充実させられる
  • 住宅メーカーによっては自由度が高い
  • オール電化や床暖房も可能

 

超ローコスト住宅は価格が安い

超ローコスト住宅のメリットで何と言っても大きいのが、諸経費を差し引いても価格の安さではないでしょうか?

 

超ローコスト住宅で家を建てると価格が安いので、住宅ローンの支払金額も家賃並みになり無理がありません。生活に余裕が出る為、車や子どもの養育費も心配が少なくなります。

 

ローンが通りやすく20代で家を建てる事もできるので

老後になって住宅ローンを払い続ける心配もいらなくなるでしょう。他にも家は安いけど設備にお金をかけたいという人にはピッタリ。

 

一流住宅メーカーの物件では無理だったオール電化や床暖房も超ローコスト住宅なら付けられるという人もいます。

 

超ローコスト住宅によっては、自由度が高いものもあるので、注文住宅とほとんど変わらないという人もいるのです。500万円の家ならば、無理の無い範囲で理想的な生活環境を整える事も可能!

 

デメリット

  • 断熱や通気性など家の性能が落ちる
  • 工期が短く手抜き工事になりやすい
  • オプションを付けるとかえって高くなる
  • 間取りを選べない
  • 外構代や人件費が入っていない場合もある

 

500万円の家という言葉に惑わされて、最終的には一般の注文住宅と変わらない金額になる人もいらっしゃいます。

 

超ローコスト住宅を選ぶ際には
  1. どんな費用が含まれていて
  2. どんな費用が含まれていないのか

絶対に確認しなければなりません!

 

一流住宅メーカーとの大きな違いは、壁の断熱性や通気性、耐震性などの性能になります。見た目では判りづらいですが、500万円の家では安い材料を採用し、できる限りコスト削減しているのでどうしても性能が落ちてしまうのです。

 

既定の間取りや図面が決まっているので、狭い範囲での変更しかできませんし、オプション単価が高い事も多いでしょう。人件費なども極限まで安くしていて、そもそも500万円の中に含まれていないようなこともありますので気を付けてください。

 

500万円の家は値段相応という人もいますので、デメリットもよく考える必要があります。

 

超ローコスト住宅がおススメな人はこんな人

とにかく安く家を建てたい!と思っている方には悪くないと思います。

 

最初の手順としてハウスメーカーの提案を受けてみる事をお勧めします!「town life家づくり ハウスメーカー特集」などの無料サービスを使い、タマホームやアイフルホームなどローコスト住宅を取り扱っている所の資料を請求すると

 

どんどん知識が付いてくると思います。まずは情報収集から始めてみていきましょう!

 

 

超ローコスト住宅の家を出してる住宅メーカー紹介!

超ローコスト住宅の家を出してる住宅メーカー紹介

 

タマホームの500万円の家の概要

タマホームの500万円の家は、500万円の中に全ての費用が含まれているわけではありません。

 

あくまで家の本体価格が500万円からになっています

付帯工事等を合わせて、人が住める程度まで設備を整えると、安くても900万円以上かかるかと

タマホームの500万円の家 費用事例
家の本体価格

500万円

付帯工事(電気、給排水工事など)

130万円

オプション工事(蓄熱暖房、建具など)

140万円

諸経費(長期優良住宅認定費、地盤調査など)

80万円

諸経費(銀行ローン手数料、登記関連など)

130万円

合計

980万円

 

500万円の家でもタマホームの場合、結果的には1千万円近い金額になります。

 

付帯工事や諸経費など支払わなければならない費用が別途になっているので、見積もりをもらう時に、どこまでが含まれているのか確認する必要があるのです。

 

少しでも安く家を建てたいという場合は
  • オプションで安くするか
  • 交渉して値引きをしてもらう事が必要

 

交渉次第では少し安くなりますが、900万円以下になることは無いかと。500万円ポッキリではないですが、ただこれでもめちゃくちゃ安いですけど^^

 

超ローコスト住宅の中でもタマホームは評判が良い住宅メーカーです。

 

タマホームの住宅の特徴

ハウスメーカーのタマホームでローコストで建てたい!

 

タマホームの坪単価や値引きする為の材料集めの方法など調べたページ

 

>>>タマホームの特徴や坪単価などなら

 

 

アイダ設計の555万円の家 概要

アイダ設計の555万円の家は、判りやすい設計内容で多くの人から支持されている超ローコスト住宅です。

 

アイダ設計の555万円の家 費用事例
家の本体価格

555万円

付帯工事(ガス、上水道、下水道。工事監理費)

200万円

申請費用(建築確認、住宅認定、住宅検査など)

70万円

別途追加工事(エアコン、アンテナ、証明など)

50万円

登記・借入費用

50万円

合計

925万円

 

アイダ設計もタマホーム同様に、超ローコスト住宅の中でも評判が高い住宅メーカー

 

建築費が判りやすく、後からどんどん上がることが少ないからかもしれません。

 

基本的なプランを示し自由設計というのも選ばれる理由

自由に家を造れるのに、オプションをつけなければ総額1千万円を切る値段で新築の家を建てられるのも魅力です。

 

アイダ設計は、リーズナブルな超ローコスト住宅を建てたいという若い世代が選ぶ事も多くなっています。555万円の家をグレードアップした、888万円の家も人気です。

 

555万円の家

アイダ設計の555万円の家で超ローコスト住宅を建てたい!

 

間取りがどうなるか?やメリット・デメリットを調べて書いてみました。

 

>>>アイダ設計の特徴や555万の家などなら

 

超ローコスト住宅 まとめ

超ローコスト住宅 まとめ

超ローコスト住宅で500万円の家というのは、家、本体の価格だと言う事を覚えておきましょう。

 

必要経費が入ると、900万円を超える事もありますが、それでも一流住宅メーカーに比べるとかなり安い金額で家を購入する事ができます。設備が良かったり、自由設計だったり住宅メーカーで特徴がありますので、総額も比較してから契約してください。

 

ローコスト住宅メーカーランキング

ローコストな価格で、注文住宅が建てれるハウスメーカーランキング掲載中!

>>>ローコストで建てれる人気メーカーベスト5

 

>>【必見】ローコスト住宅ランキング TOP