1000万円台のカラクリはこんな感じ!ローコスト住宅の謎解き

ローコスト住宅の謎解き

どーして坪単価を安く(坪単価30〜50)、良い家が提供できるのでしょうか?そのローコスト住宅のカラクリについて調べてみました!

 

費用をカットできる箇所を削っている

材料費

 

人件費・広告宣伝費

 

諸経費

 

この辺りを削減していく事で、安く建てれるローコスト住宅になります。

 

材料となる木材を独自のルートを使って安く集めてきたり、TVのCMなどの費用をカットしたり、プレカット木材を使う事で人件費を安くしたりと色々な所に努力があるのです。

安く提供できるのは間取り・洋室にあった

安く提供できるのは間取り・洋室

間取りをシンプルにする事と、洋室だけにする事もコストカットできる要因になります。

 

シンプルな四角い間取り

1階と2階をほぼ同じにする事で外壁工事の手間やコストアップを軽減する事が出来ます。

和室をなくす家

和室の畳には何かと費用がかかります。和室をなくすして全ての部屋を洋室にする事でもコストカットが出来るようになります。

 

このように各ローコストの住宅メーカーや工務店は各々企業努力を行い、ローコストでもしっかりとした家が建てれるのです。

 

ローコスト住宅のメリット・デメリットを教えて

ローコスト住宅のメリット・デメリット

メリット

デメリット

安くマイホームを建てる事が出来る 構造がシンプルでオプションを使うと高くなる
銀行ローンが通りやすく毎月の支払も楽 デザインや間取りを規格化が多い
なにより憧れのマイホームが手に入る 大きな間取り変更には向かない
若年層には人気のデザイン オリジナル性を出しずらい
ある程度ベースが決まってて楽できる 年配の方にはデザインが合わない事も

 

金額を抑える部分でもちろんデメリットも出てきます。この辺りのデメリットよりメリットの方が上回れば、ローコスト住宅での一軒家を視野に入れて問題ないかと思いますよ!

 

メリットで通常の価格の家ではうちは銀行の審査が通らなかったので汗。1000〜2000万円くらいはだいたいどこの銀行もOKだったのですが、それ以上の借り入れになると収入が足りていないせいか厳しいと言われたので…

 

ローコスト住宅メーカーランキング

ローコストな価格で、注文住宅が建てれるハウスメーカーランキング掲載中!

>>>ローコストで建てれる人気メーカーベスト10

 

>>【必見】ローコスト住宅ランキング TOP