ローコストで平屋が欲しいという人が急増中!

ローコストで平屋

 

ローコスト住宅の平屋を選ぶ人の中にはシルバー世代の方が沢山います。

 

会社を定年した後、セカンドライフを楽しむ家はローコスト住宅の平屋で充分だと言う人も多い

 

ここではローコスト住宅の平屋の

  • 費用はどれくらい?
  • 間取りの事例
  • メリット・デメリット

など伝えていきたいと思います!

 

ローコスト住宅の平屋ならかなり安く建てられる

定年が65歳だとしても約20年は暮らす家なので、今の家をリフォームするのではなく、ローコスト住宅で新築を建てるケースが多くなっています。

 

ローコスト住宅なら、家のリフォームとほとんど変わらない金額で新築が建てられるのが魅力

定年して田舎暮らしをしたい人にも人気

住宅ローン組まず購入できる点も利点

田舎に引っ越してローコスト住宅を建てるケースもあります。ローコスト住宅なら住宅ローンを組まなくても買えるのも選ばれる理由になっているのでしょう。

 

実際はローコスト住宅の平屋ってどれくらいの費用で建つ?

ローコスト住宅の平屋は、シルバー世代の方が2軒目の家として選ぶ事も増えています。

 

ローコスト住宅は基本的な材料費や人件費、設計費などコストを極限まで抑えた新築プランで、近年は機能性が向上し人気です。

 

ローコスト住宅の平屋と一般的な平屋の比較

大手住宅メーカーの平屋

坪単価が60万円
30坪だと1,800万円ほど

ローコスト住宅の平屋

坪単価30万円前後
30坪だと900万円ほど

 

一般的な平屋の半額程度で、ローコスト住宅ならば新築の家を建てる事が可能です。

 

安く建つ平屋〜ニーズに合わせた家づくり〜

ローコスト住宅の家づくり

 

ローコスト住宅で建てる平屋で、どのような家づくりが出来るのか?ここで一例ではありますが紹介しておきます。

バリアフリーを見据えた家

近年の新築住宅ではバリアフリーが当たり前になっていますが、玄関の段差や廊下の狭さはそのままという事も多いです。

 

夫婦2人のローコスト住宅平屋なら廊下を広く取り、車いすでの移動も可能になる終の棲家を最初から造ることができます。

 

子供がいる平屋

若い世代にもローコスト住宅の平屋は人気です。2階建てではない分、階段部分や玄関ホールを部屋にできる為、子供部屋も造りやすいでしょう。

 

リビングを広く取り、夫婦の寝室と子供部屋など3LDKを同じ空間で造れるので、親子のコミュニケーションも取りやすいと言われています。子どもが大きくなり家を出ても、平屋なら無駄なスペースが無く、ライフスタイルにあった部屋の活用法ができるでしょう。

 

ローコスト住宅の平屋にあるメリット・デメリット

ローコスト住宅の平屋のメリット・デメリット

メリット

  • 高齢になっても住み続けることができる
  • 2階建てに比べて費用が安価
  • 階段が無いので移動が楽
  • リビングや廊下などを広く取ることができる
  • 子供が成長した後も使い道が多い
  • 家の管理がしやすい
  • 耐震性が高くなる

 

ローコスト住宅の平屋はセカンドライフや子育て中の家族にもメリットが大きいと言われています。

 

平屋なら階段の移動などが無いため、老後も住みやすく部屋の広さも確保しやすいので車いす生活になっても安心

 

家のメンテナンスも平屋だとしやすい

住宅管理費などの費用も安くなります。2階部分の補強が要らない分、耐震性を高められるので地震にも強い家になるでしょう。

 

ローコスト住宅の平屋なら、建てる時にお得なだけではなく維持管理費も安いのです。

 

デメリット

  • 比較的広い土地が必要
  • 坪単価が高くなりがち
  • 家の機能性が低下する
  • 収納スペースが確保しにくい
  • プライバシーが守りにくい
  • 日当たりが良くない事が多い

 

2階建ての場合だと、建築坪数が少なくても2階建てなので部屋数も広さも確保できますが、平屋の場合は土地がある程度広くないと造れないというデメリットがあります。

 

平屋なので当然坪単価は土地分が入って上がりますし、収納スペースも確保しにくくなるでしょう。

 

1階部分だけなので隣家や道路からの視線も気になる

カーテンを解放できない事も多くなります。プライバシーを確保する為に洗濯物を干すスペースなども考えた方が良いでしょう。

 

近隣に高い建物がある場合、平屋は日当たりがどうしても悪くなりがちです。川の側や道路側など、日当たりが確保できる場所に平屋を建てることをおすすめします。

 

平屋のローコスト住宅まとめ

ローコスト住宅の中でも平屋は部屋が広く取れて人気ですが、デメリットもあるので、家族の状況や土地の状況に応じて柔軟に対応しましょう。

 

ローコスト住宅メーカーでも平屋を得意としている所に頼んだ方が様々なケースに対応できて安心!

 

平屋住宅の見積もり&提案が無料で受けれる

平屋住宅の見積もり&提案

 

「town life 家づくり平屋住宅特集」で、まずは自分の理想とする間取り・資金計画などを入力すると、一括で平屋に強い注文住宅会社から提案が届きます。

 

まずは無料の資料請求を行い、プランを詰めて行くと良いかと思いますよ!

 

ローコストの平屋情報収集なら

ローコストの平屋の情報収集

 

 

ローコスト住宅メーカーランキング

ローコストな価格で、注文住宅が建てれるハウスメーカーランキング掲載中!

>>>ローコストで建てれる人気メーカーベスト10

 

 

>>【必見】ローコスト住宅ランキング TOP