アイダ設計の555万の家でホントに家が建つの?

555万円の家

アイダ設計の555万の家という広告を見た人は、555万円で家が建つのか?と思いますよね。だって私もそう思いましたし

 

確かにアイダ設計ならば超ローコスト住宅で555万円で家を建てる事はできますが、この金額は家の本体価格のみ

 

  • 家の本体価格という事は、単純に家のみと考えてください。

 

つまり家が建つだけの金額なので住める状態ではない

アイダ設計の家に住むためには

 

家の建築費用以外に

  • 付帯工事費
  • 設備費
  • 登記費用
  • 消費税
  • 外構費用

などが別にかかります。

 

別途費用がかかるため、家の費用が判りづらいという人いるくらいです。

 

最初は、555万円だったのに、話しているうちにどんどん費用が増えて、オプションなどをどんどんつけると、簡単に1千万円を超えることがあります…

 

555万円という金額は、あくまで家本体の価格で、広告のインパクトを高めるために使用していると考えて良いかと

 

アイダ設計ならば、555万円で家は建てられますが、住める家ではないということを理解しておかなければなりません。

 

では最終的に555万の家の総額はどれくらい?

555万の家の総額はどれくらい?

アイダ設計はインパクトのある超ローコスト住宅が売りの住宅メーカーで、555万円シリーズはその中でも最も有名になっています。

 

ここでは総額でどれくらいあればOKかを調べてみた

555万円の家に電気や水道工事、その他の付帯工事を行って始めて家として住むことができます。

 

付帯工事費用や外構工事、建物の登記やオプション、消費税で更に300万円以上は必要になります。

 

  • 総額的には安く見積もっても900万円を超えると言う事を理解しておきましょう!
アイダ設計で家を建てる場合も1千万円ほどのお金の準備が必要

引越し費用や家具などを揃えたりすると更に100万円以上の費用が必要になりますので

 

土地があった場合、建築費の1千万円のみ
(※無かった場合、別途、土地の費用がかかります。)

 

アイダ設計の555万の家だと間取りを教えて!

間取りを教えて!

アイダ設計の555万の家は、建坪が15.25坪になります。

 

平屋の場合1LDK相当と考えて良いでしょう。1部屋ならかなり広いですが、小さく区切ると狭さを感じる坪数です。

 

基本的に、玄関やお風呂、トイレや洗面所、台所などを除くとLDKが10畳、寝室が7畳と考えてください。台所も4畳程度なので、何人も並んで料理を作るのは大変かもしれません。

 

1人暮らしの方やシルバー世代の夫婦2人なら良い広さ

ただ子どもがいるご家庭だと子供部屋を造る余裕が555万の家には無いので、狭いと感じるかもしれません。

 

家族が多い場合は広いタイプのローコスト住宅を選ぶ選択肢もある

安く家が建てられたものの、狭くて窮屈だと言う事にならないよう、家族構成や子どもの年齢などに合わせた家の広さを選ぶようにしましょう。

 

ローコストでも建てれる大手ハウスメーカーなどを比較してみると、より自分達に合うものが見つかる可能性もありますよ。

 

>>>ハウスメーカーの一括情報収集なら

 

アイダ設計の555万の家のメリット・デメリット

アイダ設計の555万の家のメリット・デメリット

メリット

  • 一流住宅メーカーに比べてかなり安い
  • 住宅ローンが家賃並みで払える
  • 間取りさえ合えば問題ない
  • 設備のグレードが高い
  • デザイン性が高い家を買えた

 

アイダ設計の555万の家の魅力は、何と言ってもローコスト住宅と言うこと!555万の家を代表するように、コストを極限まで抑えているのに品質の高い家を提供していると評判です。

 

住宅ローンが家賃より安くなったという人も沢山いる

間取りなどを変更するのは難しいですが、ある程度自由が利くローコスト住宅です。

 

デザイン性でアイダ設計の555万の家を選ぶ人も多いでしょう。

 

都会的なデザインで空間を広く取っているのが人気の理由になっています。アイダ設計の555万の家なら、無理をせずに持ち家が手に入るのです。

 

デメリット

  • 表示価格は555万円だけど値段が上がった
  • 付帯価格などが判りにくい
  • 間取りなどが制限される
  • アフターサービスがイマイチ

 

555万円という表示価格は、あくまで家の本体価格であり、この金額を払っても家は建つけど住むことはできません。

 

例え555万円の家を選んでも、最終的には安くて1千万円近くになることが多いでしょう。

 

アイダ設計の555万の家は、企画商品なので、ある程度間取りが決まっているのも評判が良くないです。家族構成などで間取りを違うものにしたいなら、他のプランを選んだ方が良いでしょう。

 

 

ローコスト住宅メーカーランキング

ローコストな価格で、注文住宅が建てれるハウスメーカーランキング掲載中!

>>>ローコストで建てれる人気メーカーベスト10

 

>>【必見】ローコスト住宅ランキング TOP